トップページ
ロータリークラブについて
東京西ロータリークラブについて
東京西RCの魅力と特徴
会員アンケート(入会編)
会員アンケート(活動編)
新入会員の方へ
例会風景、活動の活力
会員について
会員リスト
心に残るロータリアン
入会について
クラブ奉仕について
奉仕活動について
年度活動内容
例会案内
リンク

 




東京西RCの魅力と特徴

1.「歴史と伝統、格式」をもつ

日本発祥の東京RCから拡大された東京南RCの子クラブとして1955年に誕生。8つの子クラブを生み、2015年で60周年を迎えました。

2.「ロータリーワン」と国内唯一の姉妹クラブ

RCの発祥となったロータリーワンことシカゴロータリークラブと、国内唯一の姉妹クラブを締結、交流を行っています。

3.「会員数180名」という規模のよさ

さまざまな個性や人脈を持った会員と力を合わせ、毎回趣向を凝らした活動を行っています。

4.「会員同士の良好な関係」

会員同士の繋がりが強く、またご夫人と、あるいは家族ぐるみの交流や奉仕活動も含め、例会以外の活動もとても活発です。

5.「各界を代表する会員」が多い

各界を代表するような会員が多く、刺激があり勉強になるといえます。

6.「楽しく充実した例会」

普段接することの無い著名人や話題の人の卓話(ミニ講演)を間近で聞くことができます。例会場はホテルオークラで食事も充実しているのも特徴です。和、洋、中、ブッフェの中から毎回交互に提供されます。

7.「新会員をベテラン会員がサポート」

10for2という独自の新会員サポート制度があり、新会員2人に対して10人のベテラン会員が交流する食事会を開催、RCの歴史やロータリアンとしての心得などを語り合います。新しい会員のサポートの仕組みとして表彰も受けました。

8.「同好会活動」が活発

ゴルフ、邦楽(一中節)、釣、歌舞伎鑑賞、囲碁、焼物、俳句、スキーなど趣味の合う仲間同士(希望者)が、初心者、ベテラン関係なく楽しく活動しております。

9.「ローターアクトクラブ」の存在

青少年のRC活動を育成・指導する下部組織があり、会員の子女も加入(希望者)しながら交流を図っております。